一年以上もご無沙汰のシリーズ、がんばって調べ、書いてみました。『クリスチャニティ・トゥデイ誌』が選んだ宗教思想書100選シリーズ第8弾。CT誌の100選は書名のリストだけで、解説はついてません。
 ネット情報がかなり充実してきたので、いろいろと資料を閲覧し、参考にさせてもらいました。リストを作成しながら、自分がいちばん勉強になります。

55 『創作者の思い』(仮題 邦訳無し)ドロシー・L.・セイヤーズ
The Mind of the Maker by Dorothy L Sayers、(1893-1957年)
e0079743_18114347.jpg 英国の作家、キリスト教人道主義者。「ピーター・ウィムジイ卿」の推理小説で有名。アガサ・クリスティと並ぶ女性推理作家。本書は創作活動を、「アイデア」「実現(インプリメンテーション)」「相互作用(インタラクション)」という三段階に分けて解説。

 アイデア→制約を受けない頭の中での完成形。
 実現→時間、空間の制約を受け、物質の影響も受ける。
 相互作用→作られた創作が他との出会いで影響を与える。創作者が意図した使い方以外の、誤解、誤用、無視も当然起こってくる。

 本書が、宗教的なこととどう関係するかについては資料がなく、不明です。創造主である神と、その創造物、自然、人間との間にも、こうした作用があるということを言いたいのでしょうか? ご存知の方は教えてください。たしかフィリップ・ヤンシーが、彼女の著作を引用していたような気がする。

54 『キリスト教と社会的危機』(仮題 邦訳なし)ワルター・ラウシェンブッシュ
Christianity and Social Crisis by Walter Rauschenbusch(1861-1918)
e0079743_18203670.jpg 近代アメリカ・プロテスタント教界を代表する一人。牧師。社会的福音運動を指導。福音の視点から労働者の社会問題に取り組み、神の国の実現を目指した。人間の発展、進歩について楽観的な視点が基盤にあるので、リベラルな神学者と位置づけられましょう。
 そういう意味で、賀川豊彦の人間理解、社会理解と近いように思えます。

 M.ルーサー・キング牧師は、一時、彼の思想に傾倒したようですが、彼の楽観的な世界観とキリスト教を社会と安易に同一視する考え方に賛同せず、彼から離れる。ニーバーは、人間は罪深い存在であり、悲観的に見ていたので、「キリスト教的愛の実践で社会悪がいずれはなくなる」という人間中心の考えを批判したようです。そうであるにしても、キリスト教と社会福祉について論じた先駆的著作。

53『四枢要徳について』ヨゼフ・ピーパー著  松尾 雄二訳  知泉書館 (2007/05)
The Four Cardinal Virtues by Josef Pieper(1904-1097)
e0079743_1823344.jpg ドイツ人。ミュンスター大学教授 (哲学的人間学)。著書は、『アカデミックとはどういうことか』『哲学するとはどういうことか』『信仰について』『愛について』など多数。
 20世紀で最も卓越したキリスト教哲学者の一人。トマス・アクィナスの解釈を踏まえて、ヨーロッパの伝統的な「徳」についての全体像を描いた名著。正義とは何かを解く。それにしてもタイトルの「枢要徳」という用語はめったに耳にしませんが。

 100選ではないですが、ほかに彼の著作で興味深いのは、『余暇と祝祭』(講談社学術文庫)。e0079743_1824493.jpg 現代人が豊かな生活を享受するために、余暇の意味を考察。いかに人間らしく生きるかを展開。小著。



52『アンネの日記』 (文春文庫)
e0079743_1830538.jpg 言わずと知れた 『アンネの日記』の完全版。98年に新たに発見された5ページ分を加えたもの。あまりに有名ですが、読んだことありますか? 私は、まだです。でも、かつてアムステルダムを観光したとき、隠れ家を見学したことがあります。

第2次世界大戦中、ナチスの手を逃れて、アムステルダムの隠れ家で書きつづった13歳から15歳までの25か月間の日記。家族愛、恋、悩み、苦しみ、喜び、 夢と希望を記した少女による20世紀の魂の記録。


51 『生きる意味を求めて』ビクトール・フランクル 諸富 祥彦、松岡 世利子、上嶋 洋一訳
 Man's Search For Meaning by Viktor E. Frankl
e0079743_18364965.jpg
 フランクルの著作は、ありがたいことに、たくさん翻訳されています。それだけ日本に読者がいるということですね。

 ナチス強制収容所での体験から、彼のロゴ・セラピーの実践までを解説。
 どうしたら苦しみに向き合うことが出来るのか。その意味は何か。フラ ンク氏の思想の全体像が分かる。
 想像を絶する苦難にあって、どうやって希望を持ち続けることができるのか。心を打つ名著。
 「人生は、あなたを決して捨ててはいないはずです。
 あなたを必要とする何かがあり、あなたを必要とする誰かが必ずいる」



20世紀の宗教書100選 パート(5)No70-66
20世紀の宗教書100選 パート(6)No65-61
20世紀の宗教・思想書100選 パート(7)No60-56
[PR]
e0079743_13152646.jpg iPadによる電子書籍もよさそうですが、読書専用として目の疲れにくい 「Kindle」のほうを私は期待し、本命だと思っています。

 ただこれまで、まだまだ値段が高く、デザインもいまいち。日本の市場での一般的普及は苦しいのでは?
 そこで、今回(先月末公表)の改良型に注目しました。アメリカ情報です。

 新キンドル情報(キンドル情報をまとめて読めます)
 
英語用モデル
 大きめの「DXモデル」の新型はしばらく前に発表がありましたが、
 今回は標準モデルの「6インチ」サイズの新型。

 大きさ:20%縮小(画面は6インチのまま)
 重さ:15%減少
 活字の読みやすさ(コントラスト):50%増し
 動作:20%アップ
 書籍の保存:3500冊(4GB)
 駆動時間:最大 1か月(無線不使用)、10日間(無線併用時)
 値段:189ドル 3G版
 WiFi 接続のみのモデル:139ドル
 機能の改良:PDFリーダー、辞書引き、ノートやハイライト追加
 (この機能はいい! 辞書(現状では英英辞書)も引けて、ノートが書けるとは!)

予約殺到
 私だったらWiFiモデルで充分。値段もこなれてきました。
 米国での発売は8月27日ですが、最新ニュースによると予約殺到で在庫切れ。
 出荷が9月を超えてしまうそうです。大変な売れ行きが予想されます。

日本語対応版はまだ不透明?
 日本での発売は今年中という情報をかなり前に聞きました。日本語対応はどうなるでしょうか? 私はIT情報にうといので、その後、この点についての情報は知りません。

 日本でのキンドルの発売があれば、いよいよ電子書籍化の大波がやってきます。

 キリスト教界の出版社も情報収集し、準備中でしょうが、肝心な点は、こうした装置「リーダー」がどれだけ普及するかですよね。同じEインクによるソニー製の「リーダー」も期待しています。今後、どう出るでしょうか?

 いずれにしても、都会人にとっては魅力だな〜。車内で読める。旅行にも持参できる。読者層も新たに増える可能性が高い。(携帯での読書は、すでにかなり普及していますが、ほとんどが「成人向けマンガ」らしいです)

 出版界としては、紙の本の需要もまだまだあるので、両者併存がずっと続くでしょう。
 そのへんが出版社の工夫と研究のしどころです。
(コメントのはちこさん情報ですが、今回から日本語フォントにも対応したそうです。)

iPadは?
 キリスト教関連では、聖書百科事典、各種辞書、スタディバイブル、図版資料集、雑誌類を期待しています。(ここ、二、三年で続々と出版されるかも)

 でも、ただ一般個人がiPad(高価)とKindleの二台持つことは、もったいない気がします。目的がはっきりし、仕事で使用するなら別ですが。
[PR]
e0079743_15172530.jpg 同じ事務所の人と、プチ外国旅行へということで、昼休みを利用して近所のロシア料理店へ。

 不況にもかかわらず、今年の夏は円高で海外旅行が多いそうですね。ふところ寂しい私たちはご近状でがまんです。地下にある小さな店ですが、歴史も長く、よく知られている店ですよね。
 内部はとても落ち着く感じでいいです。
e0079743_15161378.jpg
 最初にスープが出ましたが、紫というかピンクというか、画像の色は正確でないですが、ちょっと驚きの色のスープ。味はとても上品でおしかったです。じゃがいも、キャベツが具で、中にあるクリームを溶かしていただきます。二種類のパンが出て、それをひたして食べてもいいのだそうです。
e0079743_15162448.jpg
 今週のランチメニューのハンバーグか若鶏のチーズ焼きを選択。(ピンぼけですみません。) スープ、パン、主菜で、千円です。どらも、ほどよいおいしさです。
 最後に、ロシア紅茶を追加していただきました。ほどよい甘さとすっぱさで、これも普段にない体験でした。

 食卓での話題は、これまでの人生でロシアとの関係。ロシアの作曲家やロシア正教(東方教会)の特徴なども、ごく浅く話しました。隣にある国なのに、知らないことが多いですね。

 いつかこの店に行きたいという方は、席が限られ、すぐいっぱいになるでしょうから、時間帯を選んで行くといいでしょう。
 ほんの少しですが、非日常のロシア気分を楽しめました。
[PR]
 先週よりは少し温度が下がったようですが、この暑さでぐったりきております。
元気ではいますが、思考するにはなかなか大変です。ブログ更新ままならず、訪問してくださる方にはすみません。暑さに弱い私ですので、夏の期間は、あまり期待せずお付き合いいただけたら幸いです。

 先週末は、近所の中学校の庭を借りて恒例の町内お祭り大会。父兄として手伝ってきました。櫓を立てての盆踊り、父兄による各種のお店でおもちゃ販売。軽食販売。
 私は輪投げのコーナー(賞品は寄付されたおもちゃ、一等はカブト虫)で二時間ばかり、地面に落ちた輪を次から次へと拾う役。交代はしましたが、翌日には、太もも、お尻の肉が痛くて痛くて。。。椅子に座るのも大変でした。

 もうよくなりましたが、ほんと、町内のみなさん、蒸し暑い中をがんばっていました。私はふだんあまりおつきあのない父母の皆さんとご一緒しましたが、店が忙しくて、話している暇がないのが残念。ピークには、校庭いっぱいに子供たちが集まりました。

 お祭りって、準備も進行も大変ですが、もしかして数百円をにぎった子供たちのための思い出作り、交流のために大人たちががんばっているのだな〜と、あらためて感心しました。音頭がかかり、太鼓が鳴っても、みなさん好き勝手に過ごし、踊るともなく、見るともなく、聴くともなく、ただダラダラと夕涼みがてら過ごしているだけなんですけどね。笑)

(写真は「ソーラン節」の踊りを担当した小学生たち。個人的には、「きよしのズンンドコ節」は耳タコなので、そろそろ流さなくてもいいのでは、と思うのですが。。。)
e0079743_14435681.jpg

[PR]