<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0079743_17225094.jpg
 いまや『もしドラ』と言われる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読んだら』(岩崎夏海著 ダイアモンド社)は、ご存知の方もたくさんいると思います。売れ行きは、48万部を越えたらしいです。

 ユニークな可愛い漫画をカバーに使った驚きの装丁。しかもお堅いビジネス書の出版社がなんでだろう? と驚きの反響を呼び(ある意味それが成功した)、ついには最近、NHKテレビの報道番組でもとりあげられました。これに連動して、ドラッカー本のリバイバルが!(写真は近くの有名書店の展示)

 ドラッカーについては、前にブログで取り上げたことがありましたが、しばらく読んでなかったので、恥ずかしながら購入して読みました。

 感動しました!!(大声)

 たいへんよくできた青春ドラマ仕立てのドラッカー入門書。

 私はiPhone版を電車内で読んだ後、感動のあまり三冊購入して、「読んでほしい」と思われる」友人にプレゼントしました。

 そしてきょう、二回目を読了しました。電車の中で感動で涙を流しました。(←単純。笑)
 人間の成長のドラマにもなっています。
 それほど深い人間理解に根ざした展開です。感心してしまいます。映画化も可能に思いました。

 マネジャーが人を見るときの第一の基準は、能力ではなく、その人の「真摯さ」だとありました。英語は何かを調べたら、これが、「インテグリティ(integrity)」なんですね。

 「真摯さ」も悪くないですが、「心の態度、気力、気合い、本気度」のような感じがします。私の中では、「誠実さ、言行一致、人格の統合性」というほうがピンとくる。

 これは、イエス・キリストの人格を表すときにも使われる代表的な要素。親近感が湧きました。

 およそ、人と協力して働いている人なら、皆が読むといいと思いました。
 おもに企業経営に適用されているでしょうが、すべて適用できるとは言えなくても、ドラッカーの人間洞察はどんな共同体でも活かすことのできる知恵の書。最高の入門書が生まれました。

 ドラッカーを読んだことのない人は、ここから入ったらどうでしょうか。
 人生や人間関係が豊かに変わるかも知れませんよ。(実行すればですが。。。)
[PR]
"Objectives are not fate; they are direction," Drucker wrote. "They are not commands; they are commitments. They do not determine the future; they are means to mobilize the resources and energies of the business for the making of the future."

 ドラッカーはこう書いている。「(企業で定めた)目標は宿命ではない。方向である。命令でもない。それはコミットメントである。未来を決定するものではなく、未来を切り開くために、ビジネスのための資源を活性化したり、エネルギーを得たりするための手段である」(私訳 備忘録として)
[PR]
 ベートーヴェンの音楽は男性的で勇ましい意志的な「アレグロ」のイメージがありますが、アンダンテ(歩く早さ)やアダージョ(ゆっくりと)に名作がたくさんあります。私はむしろそちらのほうが好きです。
 まずは有名な第五『運命』の中から、第二楽章。

 エネルギー溢れる高校時代、友人と出身県のプロのオーケストラの第五を街まで聴きに行きました。
 その後、政治活動家になった血気盛んな友は、

 「第二楽章がつまらない」と言いました。

 私は「人それぞれだから」と黙っていましたが、じつは第五の中で一番好きな楽章でした。

 じつに堂々とした、雄大にして不動の世界。静かな感動を呼び起こし、やがて気持ちも高ぶります。

 とくに4:25秒からの展開は大好きで恍惚となるところ。これまた大好きな第九の第三楽章アダージョ、同時期に作曲された『田園』の第五楽章の、優美で伸びやかな世界につながるものがあります。

 下の演奏は、なんかオケでなくエレクトーンのようです。(ここまでできるとは。。)
 映像と相まって素晴らしい世界を繰り広げていますね。(残念ながら終結部は尻つぼみ)


[PR]
e0079743_1492553.jpg

 今回、自費出版をお手伝いした『人生を変える男』のさらなる紹介をさせていただきます。
というのは、ネット上で中身の一部を見ることのできる機能を設置していただいたからです。

 これはおもしろい。ネット書店アマゾンで体験済みの方も多いでしょうが、電子本に似た仕組みが一部楽しめます。書店に簡単に行けない人もたくさんいるでしょうから、手にとって本文のさわり読みができ、確認できるような擬似体験ができます。

 「中身を見られます」

 本書は、これから聖書を読みたい日本人向けに制作されました。たとえば「神」という用語を、すべて「創造主」に置き換えてあります。

 不慣れな地名など、必要な箇所に地図がついているのが便利。リンク先から購入もしていただけます。
e0079743_1474329.jpg

[PR]
e0079743_22435257.jpg ブログ記事で書いた関連本の邦訳が出ていました。
 今年の三月末。知りませんでした。

 イスラエル内と、ヨーロッパでかなりなセンセーションを呼び起こしたようですね。

アマゾンのサイトから抜粋

「聖書時代から現代まで、世界の常識を根底から覆す歴史的大作
 世界15ヵ国で翻訳され、欧米で衝撃のベストセラー」

「2008年初めに出版されたとき、本書は「異様な」と評してもいい受けとめ方をされた。
 本書は電波メディアから強い関心をもって迎えられた。これに対し、周囲の歴史学者の世界は、本書に向ってアカデミックな突撃のときの声をあげた。
 そして、ことさら激越なシオニストのブログ上で、私は民族の敵として指弾された。
 なんと19週にわたって、本書はベストセラーの「ヒットパレード」に数えられた。「日本語版への序文」より」
(大丈夫かな、この翻訳。汗)

『ユダヤ人の起源』歴史はどのように創作されたのか(Amazon)

朝日新聞に書評にも、反シオニズム論の新刊ラプキン著『トーラーの名において』と合わせて載りました。

書評『ユダヤ人の起源』(asahi.com)

 新聞の書評は、『トーラーの名において』についてこう解説しています。(抜粋)

(著者)ラブキンは、現在のイスラエルにおいて、ユダヤ教の立場からなされるシオニズム批判に焦点を当てている。真摯なユダヤ教徒にとって、シオニズムは神を裏切るものであり、ユダヤ教史上、最大の敵である。彼ら(ラプキンら真摯なユダヤ教徒)は政治的には保守的なのだが、イスラエル国家そのものを否定するという点で、左翼的な批判者と一致する。以上、両書を併せ読むことで、現代世界における最も深刻な問題の一つに関して、より包括的な理解が得られよう。

 値段も高く、ページ数もありますが読んでみたいな〜。
[PR]
 アマゾンでも『心の刷新を求めて』を、発売開始しました。どうぞ、ご利用くださいませ。
 『リバイバル・ジャパン』最新号に書評が載りました。
 『クリスチャン新聞』にも、書評が載る予定です。お楽しみに。

 アマゾンからのご注文
[PR]
 私たちが「ユダヤ人」と言って思い浮かべる概念と、聖書で言っている「ユダヤ人」はまったく同じだろうか? しばらく前からちょっと興味をもち始めた。
 というのは、こんなドキッとする記事を前に読んだからだ。ほんとだろうか?

「ユダヤ人はどのようにして発明されたか」

 聖書の家系によれば、人類はノアの子孫から地球に広がった。ノアの子供たちは「セム、ハム、ヤペテ」。人類は皆、この子孫ということになる。(大洪水で他の人類は死滅したという前提)

セムの子孫への神の約束
 そして、アブラハム、イサク、ヤコブは、ノアの息子の一人、セムの子孫。そのアブラハムに対し、神は彼の子孫がカナンの地を受け継ぐという約束を与える。

 ヤコブ(イスラエル)から12人の息子が生まれ、その息子の一人、ユダがユダ族の祖。その家系がぐっと下って、ダビデ、ソロモンとなり、その子孫にイエス・キリストの父ヨセフがいる。ここでメシア(救世主)がユダ族の子孫から誕生するという預言が成就する。イエスの母マリアは、ユダ族の子孫でなく、ヤコブの子レビの子孫にあたる。

 だから、順当に行けば、現代のイスラエル国に住むユダヤ人は、セム系の子孫ユダ族ということになる。でも、リンク先のサンド氏の研究が正しければ、そうと言えないらしい。同氏は、「シオニズムは成立しない」と言っているらしいが、これはショッキングな指摘だ。

 紀元70年に、エルサレムが破壊され、国を失ったユダヤ人たちは世界に散った。およそ2000年がたつ中で、ヨーロッパでのユダヤ人迫害、ナチスによるホロコーストという想像を絶する苦難をへて、現在のイスラエル建国が実現する。

パレスチナ人の多くもアブラハムの子孫
 私の疑問は(メシアはユダ族から生まれるにしても)神が約束した「地を受け継ぐ人たち」は、現在の狭い意味でのユダヤ人だけでなく「アブラハムの子孫」であるはずでは、ということ。ならば、現在のパレスチナ人も含まれることにならないだろうか? 彼らの中に、イスラム教徒だけでなく、ユダヤ教徒やキリスト教徒もいるだろう。 かなりキリスト教徒がいることは聞いているし、サンド氏もそれを指摘している。

 ところで、セムは、現在の中近東やアジア人の祖と言われる。ハム系は、現在のアフリカ人と言われる。ヤペテはインド、ヨーロッパ語族の祖にして白人の祖。すると、現代、ユダヤ人に白人系の人が多く含まれるのはなぜ?

「ウィキペディア」によると、現在のユダヤ人には二つの大きな家系に分類されるようだ。東ヨーロッパに住み着いたアシュケナージ(アシュケナジム)とスファラディ(セファルディム)系ユダヤ人。後者は、オスマン・トルコ圏やスペイン・フランス・オランダ・イギリスなどに多い。

 それ以外にも中東地域、アジア地域、イラン、インド・中央アジア・グルジア・イエメン・モロッコ、中国、ジンバブエなどにもユダヤ人が移住している。ほかにも、まだ子孫が世界中にいるらしいから、何がなんだかわからなくなってきそう。

改宗した他民族が今のユダヤ人なのか?
 現在のユダヤ人のかなりの部分を占めるアシュケナージは、創世記10:3に出てくるアシュケナズが始祖だとすれば、彼らは「ヤペテ」の子孫ということになる。すると、アブラハムの子孫と言えるだろうか? ユダヤ教に改宗したヤペテ系の子孫ということにならないか。歴史上、東ヨーロッパの非ユダヤ人が大量にユダヤ教に改宗したという話も聞いたことがある。この点に詳しい方がいたら、教えを乞いたい。

 ということで、「ユダヤ人」と言うとき、現代はそれほど単純でない、多重な意味をもってしまう。いくつかの意味を並べてみる。

(1)現在のイスラエル国籍の人々(血筋でない。非信仰者や名だけのユダヤ教徒も含む)
(2)世界に散らされる前の聖書に登場する歴史上の人々
(3)ヨーロッパで迫害を受けてきた人々(民族。中世以前の概念)
(4)血筋によるユダヤ教徒(今日まで異教徒、他民族と混血してない人々)
(5)ユダヤ教を信じる人々。(アジア人もアフリカ人も含む)

 私たちはたぶん、以上の意味を、そのとき、その場で使い分けて使っているように思う。現在のユダヤ人は、歴史的にも血筋でも複雑にして多様。ナチスの迫害を受けた当時でさえ、すでに他民族と結婚、混血していたのだから。

 日本人で聖書を読んでいる人は、二千年の歴史をすっとばして(2)-(4)を一緒にして現在のイスラエル国籍のユダヤ人がそうだと、素朴に考えているのではないか? 私なんか、へたするとずっとそう考えてきたかもしれない。

 では、ここで神学的な考察だが、現実の多様性、複雑性を認めるなら、2000年前の聖書の世界を、現代の地理的、民族的領域に当てはめて適用することに実質的な意味はあるのだろうか?

合理的な結論では
 以上を考察し、最大公約数として考えると、現在においては、国籍や血筋でなく、「ユダヤ教を信じている人たちが『ユダヤ人』」という理解が、いちばん合理的的に思える。つまり、(5)だ。(ユダヤ教徒といっても、超民族主義の人から名だけの人までと幅広い。信徒であっても、超保守派、保守派、改革派、穏健派といる)。だから、イスラエル国籍の人は、「イスラエル人」と呼ぶほうが正確ではないか?
 つまり結論は、現代では「ユダヤ教を信じていれば、日本人もユダヤ人」ということになる。変かな〜。

 そして、私たちでさえ、西洋の絵画、映画で植え付けられた「イエス・キリストを含めた聖書の登場人物は白人」という強烈な印象は、もしかしたら間違っているかもしれない。
 たぶん聖書に登場するイスラエル民族、ユダヤ人は、もっと日本人に近いかもしれない有色人種、中東人、アジア人ではないだろうか。(きっと先人の研究に、こうした指摘はあるはず。ユダヤ人は鼻が大きいとかの現代人の抱くイメージもじつは偏見で、旧約、新約時代のユダヤ人の外貌はそれと異なっていたかもしれない)

 もしそうだだとすれば、「聖書の世界は西洋の宗教」という日本人の「思い込み」は、大きく変換されるべきではないだろうか。
[PR]
 夫が低収入、そして仕事のストレスでうつ状態になったことを知ると妻が、すぐに離婚の手続きに入る人が増えているとか。
 そうした家庭崩壊が増加しているという深刻なレポート。今、精神科に多くの人が押し寄せているという。

 時代は、大きく変化しているが、いちばんのしわ寄せは夫婦関係、子供たち。
 男たちの置かれた状況は厳しい。神無しで生きる現代人の行き着く姿の一つ。

 やはり人には実存を支える真正な信仰が必要だ。肉体がもたない。叫び声をあげる。

低収入、ストレス病の夫が捨てられる!?
家族崩壊を招く「謎のうつ100万人時代」

[PR]
 本日から日本向けiPad(アップル・コンピュータ)が予約開始だそうです。今月中に発売。
 きっと、予約が殺到していることでしょう。
 電子書籍に関係しそうなアプリケーションの一つ、「i 文庫HD」も本日から発売だそうです。
 
 興味のある方は、以下の動画をご覧ください。このソフトを購入すると、すでに200冊以上(著作権の切れた古典と、絵本数冊)がインストールされていて、すぐに読み始めることができるとのこと。

 動画を見ると、絵本、雑誌、新聞、マンガにはよさそうです。
 自分で本をPDF化して入れることもできますが、現状の「i 文庫HD」では途中でソフトが終了してしまうようで、改良が望まれているそうです。

 今年は読書をめぐる環境が大きく変化する年ですが、はたして一般読者層にまでiPadが広く行きわたるでしょうか? 値段(5万円弱〜8万円強)がかなりしますし、子供に買い与えるには、まだまだ高価。壊されたら困るし。

 パソコンを活用している人、インターネット利用、ゲームなどの目的で買う人が、雑誌、新聞、本を読むための兼用として購入するのではないでしょうか。米国では余波を受けて、小型ノートパソコン売れ行きが激減しているとか。キーボードを外付けで利用できます。今後の日本での動向に注目です。

 あと、読書用タブレット、KIndleは英語圏ですでに有名ですが、これも年内に日本版が発売らしいです。読書を目的とする私としては、どちらかというと、こちらのほうが楽しみ。カラー表示に対応する機種も将来的には発売されそう。ところで、このiPad、実際のことろ、電池はどれだけもつのでしょう? iPhoneみたいに毎日充電なんて面倒だ〜。


[PR]
 e0079743_1915494.jpg
新刊書『心の刷新を求めて』をネットショップよりお求めいただけます。
・現在、お支払いは郵便振替による「あと払い」のみです。
・アマゾンへの出品は数カ月後になります。

 こちらをポチッ。
   ↓
 「あめんどうブックス」
[PR]