<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


e0079743_1325362.jpg 昨年後半は、新刊書の原稿読みのために、ほとんど読書から遠ざかってましたが、昨年からぼちぼち読み始めたものに『宗教改革の真実』(永田諒一著 講談社現代新書 04年)というものがあります。(リンク先アマゾンの読者評もご参照を)

 副題が「プロテスタントとカトリックの社会史」とありますが、この「社会史」とは比較的新しい学問のようです。あまり変化の大きくない日常生活の考え方、観念、市民生活の姿を文献研究するようです。

 私にとって興味深かったのは、「宗教改革を推進した言われる活版印刷本はどれほど読まれたのか」「聖像、聖画破壊運動の実際」「改革後の修道士や聖職者の結婚」「宗派の異なる男女の結婚」「グレゴリウス暦導入の際の混乱」などに関係することでした。新書判なので、それほど多くの事例に触れてないし、地域も限定されるのですが、ドイツの市民生活に及ぼした影響の一端に触れることができました。

 著者は、当時、まだ「ブロテスタント」という宗派が確立していない変革期をとりあげているので、「宗教改革派」という用語で統一して書いています。修道士だったルターをはじめ、この改革はカトリック教会内の運動だったわけですからね。

「へえー、そうなんだ」と思うことが多々ありました。まあ、500年前の話ですが・・。そのなかから、いくつか拾ってリストにしてみました。

 ○ルターによる「95ヶ条論題」(1517年)は、教会の扉に貼り出してはいない。
  最近の高校の歴史教科書には、「発表した」「公表した」とあるだけ。

 ○「メインカルチャー」「サブカルチャー」の語源は、ラテン語を読めた教職者と、
  読めない民衆の違いにあった。「エリート」もラテン語を読めた層を指した。

 ○カトリック側は改革時代、活字文書の普及に消極的だった。手書きを尊重した。
  日本でのワープロによるプリント文字が普及したときのような反応を示した。

 ○グレゴリウス暦(現在の暦)導入は、カトリック側が先導し、改革派がしぶしぶ
  受け入れた。

 ○当時崇敬を集めていた聖遺物をまつった教会があったが、たとえばイエスの骨は、
  ヨーロッパ中を集めたら千人分(!)くらいになっただろうと言われている。

 ○ドイツでのある都市では、熱心な聖画像寄進者が改革の波を浴び、熱心な破壊者
  にもなった。

 ○ルターの結婚相手は、改革運動で修道院を出た修道女のうち、なかなか結婚相手
  が決まらなくて困っていたカテリーナと結婚した。(女性側に問題があったので
  はない。)当時の修道院を辞めた女性は、独身で生活するのは困難だったので
  結婚が奨励された。

 ○当時、修道士、修道女という道の選択は、出世コースを求めた下層階級出の才能
  ある男性や、結婚先が決まらない貴族や富豪の娘たちの就職先にもなっていた。

 ○1569年、カトリックのケルン大司教区で調査をしたところ、ある地域では、
  聖職者の三分の一に、「ファムーラ(女召使い)」と呼ばれた内縁の妻がいた。 

 ○ドイツ農民戦争(1524-25)が終息した1525年以降は、それまで民衆の運動
  だった宗教改革は衰退し、君主や都市政府(権力者、行政家)が担った。

 ○ルターによる論題発表(1517年)から約40年後の1555年成立『アウクスブルク
  宗教和議』以降は、市民レベルの運動、騒乱は不可能になり、君主、領政府が
  改革の主導権を握り、弾圧もした。

 ○農民戦争を鎮圧(1525年)したドイツ語圏の権力者は、自分の都合に合わせた
  宗派政策をとり、それを民衆に押し付け、権力と結びついた教会制度の強化をは
  かった。(国家権力とキリスト教の結びつきのルーツの一つがこれなんですね。
  市民レベルの運動は10年ももたなかった。)

 ○16世紀半ば当時、ドイツ語圏では60あまりの都市国家で、カトリックと改革派が
  共存していた。


 どうですか。なかなか興味を引きませんか? 先入観の修正を迫られる点がいくつか私にはありました。500年前の話ですが。

 詳しいこと、正確なことは本書をご覧ください。間違いはご指摘ください。
 次回は、グレゴリウス暦導入の際の混乱を取り上げる予定。
[PR]
 先日、久しぶりにネット新聞「クリスチャン・トウデイ」を閲覧したら、DVD『神の残した指紋』についての記事が載っていました。05年に、米国で権威あるコンテストの宗教部門のテリー賞を受賞したというのです。

 テリー賞:20年以上の歴史ある賞。世界の広告、制作会社、テレビ、企業の宣伝などの優秀な作品に贈られる。全米および外国から1万件もの応募がある。25以上の部門がある。シルバー賞を受賞できるのは全体の1割以下、ブロンズ賞は2割以下。

 制作は、ハワイの、アロハ・ケ・アクア・ミニストリーズ(Aloha Ke Akua Ministries)」です。(見本の映像を少し見ることができる。)

 私は、これが制作されたばかりの2,3年前、興味があったので取り寄せたものを鑑賞しました。
e0079743_17414562.jpg
 内容は、日本の古代の歴史の中に、すでに聖書の神に近いものが伝わっていたというもので、「古事記」のなかに、姿の見えない超越神、世界を創造した三位一体の神の姿が描かれているという、大変大胆で刺激的なものです。すでに見た方もいるでしょう。
 
 そのほか、茶道とキリスト教会の聖餐式の類似点なども取り上げています。そして、これまでの西洋のキリスト者は、真の神を知らない、無知で哀れな民として日本人に接してきたことを「悔い改めよう」といものです。

 とても感動的な内容で、私も思わず涙が出てしまいました。

e0079743_173141100.jpg その二作目が、『神が日本に残した指紋 2』です。これもできたばかりのとき、見させてもらいました。内容は興味深い家系図のエピソードが加わっていますが、ほぼ類似しています。

 創造主がすべてを創造したとすれば、全人類に、形を変えて、それなりの形跡が残っているはず。これは「一般恩寵」として、キリスト者に知られていることですが、それを、歴史や精神文化にまで踏み込んだアプローチで、美しい映像で見せてくれます。

 全面的に信じられるかどうかは別として、一つの理解の仕方、入り口として面白いのではないでしょうか。もっとも、極端な民族主義を強める方向に行ったら困りますが(第二次大戦中、キリスト教界を国家神道に巻き込む手段の一つとして、こうした思想教育も試みられたらしい)。

 あと、日本の文化、生活の取り上げ方が、「欧米人が見たノスタルジックな日本のイメージ」という感じがしなくもないです。琴のしらべ、桜、着物、京都、お茶会・・・。

 でも、こうしたDVD制作にエネルギーを費やしてくれ、日本文化をあまり顧みない一部の日本のクリスチャンに一石を投じてくれたことはありがたいですし、とりわけ、「キリスト教は外国のもの」と思っている日本人への啓蒙的な映資料の一つして、いいのではと思いました。

(手元にそんなに数はありませんが、欲しい方はご連絡ください。)
[PR]
e0079743_1746265.jpg
いい立ち机はないものか?という記事を昨年書きましたが、コメントいただいた方より、「バランスチェアはいかが」という提案をいただきました。

 北欧で発案開発されたこの椅子については知ってはいたのですが、かつて値段を調べたら、3-4万はいいほううで、6-7万という値段(北欧のメーカーの輸入品)がついていたのでため息をついて、ずっと対象外にしていました。(普通の椅子でも、もっと高いのがありますが。)

 しかし、今年になってからアドバイスに従ってネット検索してみたら、いまやさまざまなメーカーが、それなりの定価で売っているですね。「へー、そうなんだ」とびっくりしました。類似品というやつでしょう。何しろあらゆる分野で中国製が猛威を振るっていますからね。

 そこで、もっとも定価格は避け(たぶん良品とは思いますが)、自宅用に木製でクッションが布カバーのものをネット購入してみました。送料込みの値段で思ったより納得できるものがありましたので。(同じ製品でも店によってかなり定価が違うのがあるので要注意。)

 数日して到着し、組み立てました。座ってみるとなかなかいい! 「ウワ〜オ〜! ワンダフル!」 背中の筋肉や肩の筋肉の負担が格段に少ないです。ぐっと環境がよくなりました。でも、私が使う前に、珍しいからか子供が取り合いに。

「おい、おい、おもちゃじゃないよ。父さんの健康器具なんだからね」と説得。

 二、三日使用してみての感想です。

 ずいぶんよい。しかし長時間同じ姿勢をとるのは負担であることは不変。(笑)
 腰、背中の負担は減るが、パソコンモニターの位置、キーボードの位置
 椅子の角度、クッションの具合、足の体重のかけかたも工夫の余地あり。
 背中をS字状にしたり、肩の力を抜いたりなど、ときどき姿勢を確認すること。
 日常、よくお風呂に入って身体全体をよく温めること


 仕事場で、原稿を読み、電車の行き帰りでも原稿を読み、自宅についたら夜中過ぎまでさらに原稿に目をとおすことは珍しくありません。身体をいたわらないといけません。

 しばらく使って(たぶん、一ヶ月後くらいに)微調整しながら、使用感をレポートしようかと思います。よかったら、職場にも導入するかも。
[PR]
ネット上で発見したニュース。面白いと思ったので掲載します。
ご参考に。

4つの習慣守ると14年長生き=禁煙、運動、野菜類と適度の酒−英調査

1月10日6時2分配信 時事通信

「たばこを吸わず、運動し、酒を適度に飲み、野菜と果物を毎日食べるという4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる勘定になると、英ケンブリッジ大などの研究チームが10日までに米医学誌プロス・メディシンに発表した。英国で約2万人を調査した結果で、健康に良い要因の相乗効果が明らかになったのは珍しいという。」

私は「運動」だけ守っていない。汗。お酒はたまにたしなむ程度。
健康を保つにはこれだけでは足りないと思う。ストレス管理も重要では?
心の平安には、信仰も大事になってくる……。

人間の努力で一日も天寿を伸ばすことはできませんが、それが満ちるための健康管理はできますよね。
[PR]
e0079743_021889.jpg
 遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 休暇中は、できるだけパソコンに触らないようにしていました。でも、あっという間ですね。今年もいよいよ仕事、ブログの再開となりました。記事はできるだけ短めにと思うのですが、どうなりますやら。

 テレビを少し見る時間がありました。新年の特別番組『のだめカンタービレ』です。二晩連続で、CMも含めると合計5時間ほどの長時間。まだまだ人気があるようですね。
 どだばた劇で荒唐無稽な内容。ついていけない場面もありましたが、なかなか楽しめました。

 最初の晩は、指揮者をめざしている千秋真一を中心にしたお話。二番目は千秋を追って、ヨーロッパに留学した野田めぐみの苦闘を描いた内容でした。

e0079743_21464465.jpg千秋コンクール優勝
 私はどうも、男性の千秋のほうに感情移入が強いようで、思わず指揮の真似をしたりして、指揮者コンクールにはらはら、どきどき(笑)。しかも、千秋役の玉木宏が、ハンサムでかっこいいんです。(写真左、新聞テレビ欄から)

 下の写真は、千秋がコンクール一等をとった場面。この最高潮の授賞式の場面で使われていた音楽が、密かに私が熱烈愛好しているエルガー作曲『エニグマ変奏曲』のアダージョ(以前のブログの中ほどで触れた)ですから、これまた「お〜、やってくれますねーーこの場面のためにこの曲をキープしておいたのか〜」と大感激しました。(単純)

のだめのぶち当たった壁
 野田めぐみ(のだめ)は、憧れの千秋を慕ってヨーロッパに奨学金を得て留学するのですが、さまざまな迷いが。ついには、「自分はなんのために音楽をしているのか」(日本のクラシック音楽家志望の大半も、似たようなものと思いますが。)という根源的な問いに向き合います。そして、精神破綻にまで行きそうに。
e0079743_2147597.jpg
 彼女はあるとき、ふと幼い少年(天使 or 聖霊のイメージ?)に導かれて教会に入りこみます。そこで、モーツアルトの「アベ・ベルム・コルプス(まことの御身体)」(ミサの聖餐式で使われる曲)のきよらかで、感謝の想いに溢れた合唱を耳にします。

 たぶん、ここで彼女は音楽の原点に触れたのでしょう。音楽に対する迷いが解決したかのような一つの転機となり、その後、ピアノの練習に邁進することになります。

 千秋についても、あるとき一人でパリの街だかに外出したとき、教会で開かれているバッハの演奏会のポスターに目がとまり、ふと「いいなあ〜」とかの感想を漏らす場面が印象に残りました。ほんの短い場面です。(いつか千秋のバッハ論を聞けたらいいのですが、無理か?)

 あらゆる美しいもの、音楽的なものは、求めて行くと、目に見えない霊的存在への憧憬、祈りへと向かうものだと思います。

 果たして『のだめカンタービレ』は、そこまでの深み(スピリチュアリティ)に到達するでしょうか。それとも、神を信じ得ない音楽家の成功物語、あるいは、「音楽とは何か」をあまり追求しない趣味的な文化人劇、あるいは面白おかしい奇人変人劇として幕を閉じるのでしょうか・・。
[PR]