カテゴリ:お知らせ( 32 )

 ご無沙汰していて、すみません。

 現在、機能上のことを考えて、本ブログの引っ越しを作業中です。
 よろしかったら、以下の新サイトをブックマーク(お気に入り)を、お願いいたします。
 
 ツウィッターは、いろいろとつぶやいております。
 新記事アップは、もうしばらくお時間をくださいませ。

   新ブログ「本を枕に」
[PR]
 やっと涼しくなったこの頃、今年を振り返って、主の前に落ち着き、祈りの時を過ごしませんか? 
 とてもリフレッシュされる時となるでしょう。定員はまだ余裕があります。


CLSK「一日リトリート」ご案内

                        主催 クリスチャン・ライフ成長研究会(CLSK)

 神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」  イザヤ30:15

 とかく忙しさや慌しさに追われたり、目に見える現象や状況に振り回されて、主を見失いがちなのが私たちの現実。このセミナーは、毎日の生活の中で、どうしたら主のみ前に静まり、主との交わりを深めることができるかを、同じ願いを持つ人々と共に、体験的に学ぶ機会です。ふるってご参加ください。

日時  2010年10月11日(月・祝日) 10:00-15:00(受付9:30-9:50)
プログラム  10:00から始められ、午前から午後にかけて一つの流れで進められます。
       受付時間に遅れないようにお出かけください。
会場  幼なきイエス会(ニコラ・バレ)  9階ホール
        JR四谷駅、麹町出口 徒歩1分 千代田区六番町14-4

講師  太田和功一氏   クリスチャン・ライフ成長研究会(CLSK)主事 他

参加費  CLSK友の会会員 3,000円   一般 4,000円
当日受付でお支払いください。

昼食  各自でお弁当ご持参でお出掛けください(外食可)。 
    ゴミも各自でお持ち帰りしていただければ幸いです。

 定員60名になり次第締め切らせていただきます。(先着順)
 当日は、ノート、筆記具、聖書をご持参ください。


お申し込み・お問い合わせ  
クリスチャン・ライフ成長研究会(CLSK)「友の会」事務局 森 まで
Tel/Fax 046-248-6224
メール  info*pastors.jp    *を@にして送りください。
[PR]
e0079743_17191460.jpg
しばらく品切れが続いていましたジャン・バニエ著『小さき者からの光』(94年初版)が復刊(6刷)しました。(1,200円+税)

 いまバニエ氏の本がいろいろと出されていますが、いわばそのはしりとも言えるのが本書です。

 とてもわかりやすい、感動的な三つの講話がおさめられていて、マザー・テレサ、ヘンリ・ナウエンとも通じる弱者への愛と深い人間理解にあふれた内容です。

 知的ハンディをもった人たちを暮らすラルシュ共同体の創設者として、世界に希望をもたらしたジャン・バニエの入門書としてお役立てください。
 弊社に電話、ファクス、メール等で連絡いただければ、来週から発送準備ができます。

 印刷ができてほやほやですし、夏の休業の最中ですので、書店店頭に並ぶには、さらに1週間ほどかかると思われます。
[PR]
 身辺が落ち着かず、しばらく更新のペースを落としていますので、閲覧に来てくださるかたにはすみません。
 たぶん、W杯の影響かも?
[PR]
e0079743_15492325.jpg 二年くらい品切れだったナウエン著『わが家への道』の印刷が完成し、販売を開始しました。

 書店さんはまだかもしれませんが、不自由かけていた方々、大変お待たせいたしました。

 本書は、『まことの力への道』(絶版)
     『待ち望むといういこと』(名著、品切中)
     『イエスのもたらす平和』(初出)
     『生きること死ぬこと』(初出)

を納めて一冊にしたものです。

 わたしたちがたどる霊的生活を、四つの異なった角度から光を当てた、ナウエンらしい珠玉のエッセー集。とくに『生きること死ぬこと』は、ナウエンの告別の辞とも言える感動的な内容です。
[PR]
e0079743_1492553.jpg

 今回、自費出版をお手伝いした『人生を変える男』のさらなる紹介をさせていただきます。
というのは、ネット上で中身の一部を見ることのできる機能を設置していただいたからです。

 これはおもしろい。ネット書店アマゾンで体験済みの方も多いでしょうが、電子本に似た仕組みが一部楽しめます。書店に簡単に行けない人もたくさんいるでしょうから、手にとって本文のさわり読みができ、確認できるような擬似体験ができます。

 「中身を見られます」

 本書は、これから聖書を読みたい日本人向けに制作されました。たとえば「神」という用語を、すべて「創造主」に置き換えてあります。

 不慣れな地名など、必要な箇所に地図がついているのが便利。リンク先から購入もしていただけます。
e0079743_1474329.jpg

[PR]
 e0079743_1915494.jpg
新刊書『心の刷新を求めて』をネットショップよりお求めいただけます。
・現在、お支払いは郵便振替による「あと払い」のみです。
・アマゾンへの出品は数カ月後になります。

 こちらをポチッ。
   ↓
 「あめんどうブックス」
[PR]
 昨日、ようやく待ちに待ったダラス・ウィラード著『心の刷新を求めて』の印刷が完了して小社への納品となりました。
 完成といっても、当社と取次店への納本を終えたということで、皆さんが手にとれる書店さんには明日、もしくは明後日に並ぶものと思います。
 
 これから、関係メディアへの寄贈、制作・協力してくださった方と喜びを分かち合うための贈本、注文者への対応、ネットショップの更新と、限られた人材で、しばらく忙しい毎日が続きます。
  ナウエンの本のように、送付先がが多いいと混乱状態になり、先に着くべき人に着いていなかったりと、ご迷惑をおかけすることもあります。
 南北に長い全国の各書店に並ぶのは、あと数日かかるかもしれません。ご理解のほどをお願いいたします。
e0079743_17164396.jpg
カバーは、まず枯葉に目に止まりますが、帯と取ると、そこには??
 お楽しみ。(って、ブログでもう公表してますが。)
[PR]
e0079743_17184996.jpg  前回の記事でダラス・ウィラード著『心の刷新を求めて』の発行についてお知らせしました。

 以下は、本書の冒頭に掲載されている「日本の読者」に宛て書いてくださった「挨拶」から一部を紹介します。

 「本書はキリストにある霊的形成の理解と実践を助けるために書かれました。それはイエスを愛し、イエスに信頼する弟子たちのためのシンプルな生き方です。この生き方は、私たちの眼前に理解と実践に至るための明快な道筋を示します。その道筋をたどるなら、今からイエスと共に神の国に永遠に生きることを謳歌し始めるようになります。

 そうなるにしたがって、ほかの人たちは神がイエスを通してもたらしてくださる光といのちを、私たちの内に見るようになります。そして、神の偉大さと善に感謝するでしょう。神を知ることに喜びを見いだし、日々の生活の中で自らの前に現される神の現実に信頼することを学ぶでしょう。

 イエスの弟子として今日のこの世界に生きる者として、神の国でイエスと共に生きる人生の良き知らせを日本の素晴らしい皆さんとお分かちできることは、私にとって大いなる喜びです。
「この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった」(ヨハネ1・4)これが真実であるかどうか、皆さんも試してみれば分かります」
                       ダラス・ウィラード

e0079743_1736389.jpg
       (写真:ウィラード師 photo by Loren Kerns 2008)

 「もくじ」の概要
序 章
第1章 霊的形成とは
第2章 「人間のいのち」というシステムにおける心
第3章 堕落した魂の「根本悪」
第4章 魂における「根本善」の回復
第5章 霊的な変化
間 章
第6章 思いの変容──その1
第7章 思いの変容──その2
第8章 意志(心、霊)と品性の変容
第9章 体の変容
第10章 社会的側面の変容
第11章 魂の変容
第12章 光の子ども、世の光
第13章 地域教会での霊的形成
終 章
[PR]
e0079743_14361644.jpg
 三年がかりの制作。当社がこれまで発行した中で最大の頁数。
 お待たせしました。いよいよ今月末の発売です。


「キリスト者と自称する人の多くが、この世と妥協した生き方をしているのはなぜか。真の変化、霊的成熟は理想に過ぎないのか?」
 米国における霊性神学の著作で知られるダラス・ウィラード師は、米国のキリスト者の現状を憂えて本書をまとめました。キリストに似た者と変えられるとは何かを、「思考、感情、意思(霊、心)、体、社会的(人間)関係、魂」への基本的理解に触れ、それがどのように相働いて変化をもたらし、内側から外側へと造り変えられかを詳述しています。


心の刷新を求めて
キリストにある霊的形成の理解と実践
(原題:RENOVATION OF THE HEART)

ダラス・ウィラード著
中村佐知・小島浩子訳

B6版並製(488ページ) 
定価2,400円+税

企画:Leadership Builder Publication
制作・発行:あめんどう
発行日:2010年3月30日

著者:ダラス・ウィラード(Dallas Willard)
南カリフォルニア大学の哲学学部教授、前学部長。
米国の代表的なキリスト教霊性神学者の一人。
三〇冊以上の著作がある。
『The Divine Conspiracy』(ゴールドメダリオン受賞)
『The Spirit of the Disciplines』『Hearing God』
(いずれも邦訳未刊)などがある。カリフォルニア州在住。


全国の書店で発売されるのは、発行日の前後1週間くらいになります。
ナウエンの本のように、読みやすく、やさしい内容というものではありませんが、読みがいがあり、深く考えさせられ、これからの信仰者、これからのキリスト教会の歩みに大いに資する本です。
お楽しみに。
[PR]