新刊の読書感想(愛読者カード)第1号が届く、早い!

 連休を挟んでの新刊『嘆きは踊りに変わる』の出荷作業で、なかなかブログ執筆の時間がとれませんでした。今日、ようやく山場を越えて一安心しました。

 個人、教会でまとめて10冊以上も買ってくださった方が数人、講演会で使いたいからと、100冊まとめて買ってくださった方もいました。本当にうれしいことです。
 このような方々、また遠く、キリスト教書店のない地域から、「1冊届けて欲しい」と、わざわざファクスや葉書をくださる読者のみなさんのおかげで、出版活動が今日まで続けられています。

e0079743_22533761.jpg最初の愛読者カード(葉書)
 そしたら9日に、新刊書に添付してある「愛読者カード」の第一号が届きました。
以下、概略を紹介させていただきます。
 1月5日に、今年最初に読みたい本として銀座の教文館で購入しました。
 この本が読めてよかった。久しぶりにナウエンの本を読みました。待ちどおしかった。彼の本をもっと読みたいです。慰められ、癒されます。悲しみや苦しみ、人の心を理解してくれる神父様です。本当に素晴らしい。
(東京都 女性)
 小社には、心のこもった感想を書いてくださった葉書が多く届きます。発行者、編集者として、何よりの励ましであり、苦労が報われ、明日への活力をいただける時です。

 Sさん、さっそくのお葉書をありがとうございました。
[PR]
by amen-do | 2007-01-11 20:39 | 本 作 り