印刷直前のチェック

e0079743_1491269.jpg印刷所に渡す資料
 新刊書はすでに印刷所にデータが渡って、印刷作業に入っています。印刷所に渡すためには、「本文のプリント見本」「装幀用データをおさめたCD」「印刷のための指示書」「印刷機にかけるための台割帳」を用意する必要があります。

 二、三日すると「白焼き」(ひと昔まえは「青焼き」)という、製本前の本のようなプリントが、下の写真のように届きます。それと同時に、カバー、表紙、扉、帯、本に挟むスリップ、読者用ハガキなどを簡易印刷したものも一緒。
 
 これらをまた、一日かけて慎重にチェックするのですが、スリリングなのは本文の部分(白焼き)です。1頁、1頁づつ、果たして意図したとおり配分されているかチェックします。プロの印刷所なので、だいたいは間違いありませんが、この作業を踏むことは、完成したのちにミスが発覚した場合、こちら側も確認してオーケーを出したのだから、こちら側の責任もあるという、印刷所側にとっての安全策でもあるわけです。

 かなり枚数があるので、それなりの時間がかかります。今回は、二回、目をとおしました。この段階では、文字を読むことはほとんどしません。
e0079743_149513.jpg
人間は神ではない 
 修正箇所がなければ、これらの見本をすべて印刷所に戻し、本刷りになります。今回は五、六箇所の小さなミス(内容に影響しない)を発見したので、修正をお願いしました。

 修正作業が入ると、果たしてそれが修正できたかをチェックする作業が加わります。そこで再度、この製本前のようなプリント見本(修正部分の前後のみ)が提供され、修正箇所に目を通します。

 こうした確認作業は、「人間はミスをおかす存在だ」という経験知から出てくるプロセス。多額な投資をするために、慎重に、慎重に、ミスをおかさないよう作業しますが、こうしたプロセスを踏んでも、残念なことに、やはりいくらかの小さなミスは生じます。

 編集者のメンタルヘルスのためには、「ベストは尽くすものの、神様ではないのだから小さなミスはつきもの」と腹をくくるくらいです。
[PR]
by amen-do | 2010-03-16 14:07 | 本 作 り