来住(きし)神父との出会い

e0079743_024316.jpg 先週、福岡から電話があり、最近、たまに読んでいる
『目からウロコシリーズ』の著者、来住英俊様から連絡をいただきました。ナウエンについてのある資料を入手したいといことでした。そして、ちょうど上京なさるといので、「せっかくですから」と、事務所近くのコーヒー店で先週の金曜日にお会いすることに。

 私はいまこのシリーズの『詩編で祈る』『キリスト者同士の人間関係』『福音書の中にイエスを「見る」祈り』『聖書の読み方 レクチオ・ディヴィナ入門』などを読み初めていますので、その分かりやすく、有益な本作りに親しみを感じていましたので、こんな形でお会いできてうれしい出会いでした。

「目からウロコシリーズ」が作られた経緯
 せっかくですので、このシリーズについてお伺いしました。

 まず分かったのは、この冊子の分かりやすさは、講演をもとにした本だということです。なるほど。そして、ある信徒が記録してくれたものを、その人の提案で本にしたみたのだとか。
 もう、数年をへて、今は8冊のシリーズになっています。どれも、たいへん簡潔に分かりやすくまとめられた入門書(実践はそれなりの努力が必要)です。
 他の宗教でたまに見られる「超入門本」を心がけて企画したのだそうです。私のようなカトリック教会に詳しくない者が、何らかの伝統的なものを学びたいときに親切な冊子です。

御受難修道会とは
 来住神父の属する御受難修道会とは、18世紀のなかばに創設され(創設者:十字架の聖パウロ)、日本に入ってきたのは、50年くらい前だそうです。とくに信徒教育というか、信徒のための黙想、祈りの指導に使命を負っている団体だそうです。

 出版活動についても少し意見を交わしましたが、出版社の使命として「読者を育てる」ことも大切であると力説なさっていました。
 そのための「文体」、また「漢字の使い方」についてもご意見をお聞きし、たいへん参考になりました。
 これからも書物を通して、またお目にかかる機会があったら、いろいろと教えていだだきたいと思いました。

 「目からウロコシリーズ」、とても読みやすいですので、興味があるものから手にとってみてはいかがでしょうか。
[PR]